婚活についての基礎から実践までシンプルに紹介するサイト

婚活についての情報提供サイト

元々は、とある本の言葉から

この言葉、実は出所がハッキリしている言葉だったりします。
週刊誌2007年の「AERA」にて社会学者が提唱した造語です。
そもそも、結婚を前提にした活動というのは、昔から行われてきたことです。
お見合い、合コン、結婚相談所に通う…といったことですね。
この婚活という言葉が今までもあった行動と違った意味合いを持っていた理由、それはこの「婚活」という言葉が「結婚活動」という言葉の略語であること、そしてそれは、更に言うと「就職活動」という言葉に見立てて造られた言葉だったからなのです。
この社会学者は後に「婚活時代」という書籍を出版し、こちらも話題になりました。
従来の活動と違う点は次項で解説しますが、ともかくもこの語感の良さも受け、広く一般的に使われる言葉となりました。

今までの似たような活動との違い

先に書いたように、今まででも、お見合いや結婚相談所への登録、花嫁修業、そして合コンなど、結婚を前提とした出会いの仕方はあったわけです。
では、それらと「婚活」はどのように違うのか。
それは、今までの活動が「出会うことそのもの」だけしか見ていなかったのに対して、婚活とは「自分磨き」のニュアンスも多分に含む言葉であったと言う事でした。
「就職活動」も、単に面接や試験を受けて終わりというシンプルなものもありますが、特に新卒や難関を就職する場合、自分自身をよく分析し、場合によっては磨き上げ、その上で相手に面接をしてもらうということも良くある訳ですが、この考え方を結婚への活動に活かそうとしたのが「婚活」というわけです。


この記事をシェアする